花屋バイトは出会いやすいのか?

花屋バイトは出会いやすいのか?

彼女を作りやすい派の意見

 

女の子は「お花」が大好きです!「お花」が集まる所には、女の子も集まります。

 

働いているスタッフも、買に来るお客さんも女性が中心。必然的に、女の子との出会います。

 

お客さんと会話をする時間も多いです。新しく入ってきたお花や珍しいお花を紹介したり、話す内容も沢山あります。 「花束をプレゼントしたいんですけど」と相談されるので、花束が完成するまでの間に会話も沢山できます。

 

タイプのお客さんがいたら、好きそうなお花を見せて話しをしたり、こっそりお花をおまけしてアプローチもできてしまいます。スタッフに気になる女の子できたら、お花屋さんの仕事は結構重労働です。重い物を持っていたら手伝ってあげたり。女子ばかりの仕事なので頼りされると思います!

 

どんな女子と出会いたいか?を考えてお店を選びましょう。

 

花屋さんの雰囲気や場所で、来るお客さんの雰囲気が全然違います。(オシャレなスポットにある花屋さん・住宅街の花屋さん・夜の繁華街にある花屋さんでは、客層が全く違いますよー!)

 

出会いたい女の子の雰囲気に合ったお花屋さんで働くと、彼女ができるチャンスはさらに広がります。

 

花屋のお客さんは8割が女性なので、女性と出会うチャンスは多いです。

 

ただ、お供えの花を買いに来る年配の女性が多いので、恋人候補になるような女性が多いとは限りません。歓送迎でお花を用意しに来るのは若い女性も多いので、若い女性との出会いもあります。

 

また、お花屋さんでバイトをしている人は案外少ないので、興味を持ってバイト話を聞いてくれる人も多いです。飲み会などで初対面の女性と話すときは、お花屋さんでのバイト話で場が持ちます。

 

話題になるだけでなく、お花屋さんで働いているというと、女性から好感を持たれやすいです。花束やブーケも作れるようになるので、ここぞというタイミングで女性に自作の花束をプレゼントすることもできます。

 

お花屋さんでのバイトは彼女を作りやすいと思います。

 

お花屋さんへ行くと自然に気持ちが優しくなれたり癒されたり和んだりしますね。そこで素敵な男性がお花を選ぶのに色々話しをしてくれたら印象はとても良くなります。

 

お花屋さんのお客様は女性が多く、例えば自宅用であれば、お花を選びながら彼女に似合う色とか褒めてあげることもできます。もしリピーターになってくれたらそれはチャンスになりますし、お花が好きな女性は基本的に優しいもの。

 

もし私がお客さんなら店員が男性だったらまずそれだけでハッとすると思います。花屋の仕事は意外と力仕事でもあるので男性は重宝してもらえるし、お客様のみならず同僚の女性職員ともお近づきになれる機会があります。

 

時給は安めですが男性にとって得るものが大きいバイトにもなり得ますから頑張って下さい。

 

作りにくい派の意見

 

花屋は彼女を作りやすいバイトではないと思います。

 

そう思う理由の一つとしては、女の子でもかなり肉体労働でロマンチックな雰囲気になりにくいから。

 

服装も汚れてもいい格好、髪の毛も長ければ一つ結びしないと邪魔になる、手荒れもひどいなど。フラワーアレンジメントや花束を作る、ラッピングをする作業以外は可愛らしい作業はありません。

 

あと、男女一緒に働くこともあまりありません。

 

地方の花屋になるとお花の販売だけではなく、観葉植物や冠婚葬祭などのお花の販売もあります。そうするとだいたい男の子はショップの方ではなく、作業場の方で働く事になると思います。男の子は倉庫の中でお葬式や開店用のスタンド花作りをしたり、配達の方の担当になる事の方が多いです。

 

女の子はショップの方になりますが、切り花の水揚げ、冷蔵庫の掃除、観葉植物の手入れなどやることが沢山あります。お花や観葉植物が好きという共通点や、手荒れ、寒さなど会話の糸口になるような事もありますが、同じ場所でおしゃべりしながら作業するという感じではないように思います。

 

どうしてもお花屋さんで彼女を見つけたければ、積極的に重たい物を持ってあげる、暖かい飲み物を差し入れするなどすると見る目が変わるかもしれませんね。

 

結論から入りますが、花屋でバイトしている内に恋人を作れる可能性はかなり低いと思います。言い方を変えれば、他の販売業のバイトに比べ、極端に彼女を作りにくいバイトだと思います。

 

私は商店街で個人経営いわゆる街の花屋ではなく、ショッピングモールにテナントを構えるフランチャイズで大型のフラワーショップでバイトをしていました。仕事は、花市場からの集荷と倉庫内搬入と廃棄と商品の配達がメインでした。従業員は、経営者含め社員待遇の方は3名(内男性1名)、バイトは3〜5名(内男性1名)でした。

 

想像に難くないですが、仕事中に女性と触れ合える時間がほとんどありませんでした。配達先でも、個人や会社は論外、飲食店でも話す機会があったとしても事務的な会計の内容のみでした。

 

こんな感じでは、女性とコミュニケーションもとれず、彼女をつくる暇などありません。望みがあるとすれば、受付とラッピングを担当して、女性バイトと話す時間を増やすことが必要だと思います。

 

これは他のバイトなどでも同じことかもしれませんが、「彼女を作りやすいか」は、やはり「イケメン」かどうかにもよりますよね。

 

あまり花屋に行かないのならば、スーパーやコンビニなどに置き換えてもいいですが、イケメンかそうでないかで対応が違います。既婚とか関係ないですからね。
男性でもそうでしょう。「綺麗なおばちゃん(多分既婚)」と「不細工な少女(多分彼氏無し)」では前者の列に並びたくなりませんか(年齢にもよるだろうけど)?

 

花屋は女性客もそれなりに来たりもしますが、中高年にはそれなりに声をかけられますが、若い女性はイケメンの方に積極的に話す傾向がありました。意見を求められてもこちらからの「脈」は無さげですね。

 

主な客は女性に花を買う男か、彼氏に花を買う女性、中高年の女性。それとフリーの女性も来ますが、こちらが相手にされない可能性がある。でも、ルックスがそれなりであれば、あくまで「可能性」はあると思いますよ。しかし、顔が良いだけではやはりダメみたい。返事が全部「わからない」じゃ、やはり相手にしてもらえないのです。

 

イケメンと言えなくても、普通に人当たりが良くて、ちゃんと接客して、適宜アドバイスができれば、「可能性」はあります。

 

あ、女性店員も多いとこなら、「いい仕事」ができればそっちの口もでてきますね。客層・店員構成などを考慮していけば、どんどん可能性は広がるかもしれません。少なくともスーパーなどよりは「親身」な対応をする機会も増えるので「マシ」かもしれないです。

 

その程度のもので、たいして「花屋だから」モテやすいか、と訊かれると判断に迷いますね。でも、身近に話すことも多くなるので、相手が寄ってくるなら多少行きやすい・・・かもしれないです。

 

彼女を作りやすいバイトランキング

1位スポーツジム 6位海の家
2位スキー場 7位カラオケ
3位居酒屋 8位カフェ
4位ハンバーガー屋 9位バーテンダー
5位雑貨屋 10位結婚式場