デパ地下バイトは出会いやすいのか?

デパ地下バイトは出会いやすいのか?

彼女を作りやすい派の意見

 

デパ地下のバイトは、彼女を作りやすいバイトだと思います。実際に私の友人は、違う店舗ではありましたが、デパ地下で働いている女性と付き合っていました。

 

デパ地下では、余った惣菜等を持って帰る店舗もあるようなのですが、その時に、横のつながりで交換することもあったそうです。それを交換する際に、少しずつ話すようになり、帰り道が一緒だと分かって自然と付き合うようになったのです。

 

その女性と付き合っている間にも、お客さんから連絡先が書かれたメモをもらうことがあったそうです。デパ地下は女性が好きな場所ですので、実は出会いの穴場なのかもしれません。

 

接客業ですので、いつも元気にハキハキとしていることを心がけていたそうです。そういったところも女性にモテる秘訣だったのかもしれません。

 

作りやすいです。

 

デパ地下にはたくさんの店舗が入っており、店舗ごとに販売員がたくさん入っています。また、販売職は女性が多く、デパ地下の場合は店舗間でもコミュニケーションがある事が多いです。

 

更に、デパ地下に訪れるお客さんも女性が多く、接する機会も必然的に多くなるのでチャンスという点ではかなり多いバイトであると言えるでしょう。

 

ただ、お客さんとして来られている女性は買い物目的なので、そういう時の女性は異性を見る目を閉じている事が多く、もし好みの女性がいたとしても成功させるチャンスは無い場合もあり得ます。

 

どちらかと言うと、別の店舗の従業員でもコミュニケーションがとりやすいので、従業員同士でのカップル成立を狙って働くのが合理的であると言えるかもしれません。

 

作りにくい派の意見

 

デパ地下のバイトは彼女を作りやすいとは思わない。

 

まず、ターゲットを女性客として考える。

 

買い物客の視線は、店員である男性よりも、主に「やや高価な」食料品などに向いている。だから、デパ地下に買い物に来る女性の大半は、富裕層を除けば、大抵少しのご馳走を買いたい人が多いと思われる。

 

独身女性が自分へのご褒美として少し高い買い物をする時に、または友人等を招くために奮発して買い物をする時に、恋愛感情をもって男性店員を見るだろうか。

 

否、見ないと思う。

 

一方で、男性店員はそんな女性客に「声」をかけることが出来るだろうか、隙もないので出来ないと思う。

 

では、男性店員の同僚や上司(女性)の場合はどうかというと、可能性はことごとく低いと思う。デパ地下店員の多くは、女性が多い、換言すれば女性社会ともいえる。

 

そこでカップルとなってしまったら、角が立ち、男女共に働きづらくなる。以上の理由から、文頭の結論に至る。

 

彼女は作りにくいと思います。

 

女性がとても多いのですが、多いからこそ気の強い女性が多く、女性同士の嫌な雰囲気があったりするので、彼女にしてもいいと思う女性はとても少ないです。

 

また、カウンター接客が多く、人数も少ない数で回しているので少しでも仲良く喋ったりしていると噂とかの標的になったりするので、付き合いにくいと思います。ひっきりなしにお客さんが来るのでちょっとした仕事の合間のおしゃべりとかもそこまで出来ずに仲良くなることに時間がかかると思います。

 

デパート自体の閉店時間が早めなので、あまり稼げないのもあり、同い年くらいの若いバイトの人は少なくて、パートの主婦が多いので出会いはそんなにないと思います。また、お客さん自体も若い人はあまり来ずに年配のおばさんが多いので、お客さんからの出会いもないと思います。

 

デパ地下のバイトでは彼女はできないと私は思います。

 

デパ地下で、バイトをしたことがありますが二人一組でチョコレートを売りました。確かに二人一組なので仲良くなる可能性あり!?と思うかもしれないですが、仕事中は仕事の話しかしません。無駄口をたたいているヒマはないですし、後ろのレジで立っている社員さんもいるので、親密になれるほど色んな話をすることはありません。

 

協力してやる仕事でもありません。それぞれの仕事をタンタンとこなします。休憩も別々にとります。1人が休憩に入っている間は1人で仕事をこなし、戻ってきたら交代します。そもそもあまり、男の子のバイトは見たことがありません。

 

よって彼女を作りやすいバイトとは言えないと思います。

 

彼女を作りやすいバイトランキング

1位スポーツジム 6位海の家
2位スキー場 7位カラオケ
3位居酒屋 8位カフェ
4位ハンバーガー屋 9位バーテンダー
5位雑貨屋 10位結婚式場